【自作LINEスタンプ】スマホでかんたん完結する作り方を伝授するよ!

スポンサーリンク

こんにちは!りんご郎ブログを書いている大脇(@ringoro119)です*

今日でりんご郎が大脇家にやってきて139日目、そして産まれてから190日目です。

当ブログの登場人物とプロフィール、これまでの簡単なあらすじはこちら!⇩

こんにちは!柴犬りんご郎ブログを書いている大脇と申します! こちらのブログに登場するりんご郎と大脇家のプロフィールを書いていきます* ...

りんご郎のつぶやきbot(Twitter)はこちらから!

柴犬好きな方とたくさん交流したいと思っています。

ツイートに「ブログ読んでるよ!」とコメントなど頂けると嬉しいです* お気軽にフォロー・コメントしてください♩


先日投稿したこちらの記事。

こんにちは!りんご郎ブログを書いている大脇(@ringoro119)です* 今日でりんご郎が大脇家にやってきて133日目、そして産まれ...

当サイトの主人公でもあるりんご郎のLINEスタンプをつくったのですが、今日はその方法(つくり方)をこちらにも備忘録代わりに書いていきたいと思います。

色々作り方はあるのですが、今日は超初心者向けの作り方です*

使用する素材は、「自分で撮った画像を加工」するやり方です。

なのでイラスト書くのやデザインするのが苦手な方のためでも全然大丈夫だワン!

そしてこちらに注目を!

何といっても・・・

・スマホのみで作成できる!
・個数にもよりますが、慣れれば即日中にできる!(早い人は1時間くらい)
・無料のアプリのみでできる!

の3段構えで進めていきます!(どこぞのカード会社みたいな謳い文句だが)

僕は愛犬のりんご郎のスタンプを作りたくてつくったわけですが、別に対象はなんでもありです。

こちらのブログを読んでくださっている方はワンちゃん好きな方が多いと思うので、一緒に住んでいるワンちゃんのオリジナルスタンプでもいいですし、

家族や友人間で共有できる人物を混ぜてもいいですし。

とりあえず著作権に引っかからないものであれば基本OK。

写真で使用しているものがどこかのブランド商品のものであれば、ほぼ引っかかるので注意!

今回スタンプ作成するにあたり、使用行程は全部で5つ!

①素材に使用する画像を選ぶ
②画像の背景を切り抜く作業
③切り抜いた画像にテキスト(セリフ)を入れる作業
④サイズを規定サイズに変更する作業
⑤LINEスタンプとして申請する作業

の5つです。

各作業につき1ページ、計5ページあるので、区切りのいいところを選択しながら進めて頂ければと思います*

各作業をかんたんにできるよう解説していくワン!

先に自分が作成した仕上がりがこんな感じです。

画像を加工し、セリフを入れたシンプルな作りになっています。

よく見ると「おつかれさま」が2つあるのと、同じ画像使ってしまってるのが1つあるのは見逃してください・・苦笑

まずこれだけは頭に入れておくべき事

スタンプを作っていく上で絶対的なルールがあるので、これだけは必ず覚えておく事があります!

1つでも間違っていればリジェクト(審査ではじかれる)されてしまいますので注意!

①スタンプ1つのサイズはW370×H(320)が最大。(サイズはピクセル)
②サイズは全て偶数で統一。(例:370×315とかはNG、320×320はOK)
③そして解像度は72dpi以上、カラーモードはRGP
④保存する形式はPNG。

むむ。すでに難しい・・・。

多分ここでかなりやる気をそがれた方はいるかと思いますが・・・それでも大丈夫!

そういった方々のための「かんたんスタンプ作り」ですのでご安心を!!

今回使用するアプリで③はなんもしなくてもクリアできますし、①②④も全てアプリでかんたんに解決します。

ちなみに①はアプリで簡単にサイズ調節でき、④も簡単にPNGで保存できるのでご心配なく!

PNGって?

④でも出てきた「PNG」とは画像を保存するときの形式なのですが、一番有名な形式でいうとJPEG(ジェイペグ)なら後存知の方も多いかと思います。

JPEGと違い「PNG」で保存するとどうなるかというと、、透過背景の加工をする事ができます。

LINEスタンプは全て背景が透明になっているので、その透過処理をする事が大前提。

そのスタンプ画像を保存する時にする形式がPNGになります。

使用するアプリは4つ

そして使用していくアプリを紹介。

実は今日進めていくにあたり、作者は iPhone(ちなみに6S)使用なので、Androidだわ〜・・・なんて方は・・・

似たようなアプリを探してください(爆)

使用するアプリがこちら!

一番右のアプリはスタンプを申請する時に使用するので、とりあえず最後にインストールで今は大丈夫です。

実を言うと、こちらのLINE Studioだけでもスタンプ作ろうと思えば作れます(笑)

確かそんなスタンプを自作したい方向けのアプリだったのでw

でも実際自分も操作してみて、バリエーションが少なく、文字の位置や大きさのカスタマイズに限界があったというのが率直な感想。

そこで今日使うのが左の3つ。(個人的に前から持っていたアプリだったのであんま覚えてないけど多分無料のはず)

・PhotoLayers
・バッチリリサイズ2
・背景透過

使用目的がこんな感じです。

PhotoLayers            ・・・・ スタンプに入れる文字を加工
バッチリリサイズ 2 ・・・ サイズ(W370×H320とかの)を揃える
背景透過      ・・・・ 画像の背景に透過処理を行うもの

なんとなく理解できて、他のアプリでも代用できそうな方はそれでも大丈夫です。

よくわからない方は同じアプリをインストールしておいてくださいね*

つくる前にフォルダを作っておくと便利

では早速素材の画像を選んで、スタンプ作成だー!・・・と、言いたいところですが、、

その前に、必ずやっておきたい事があります。

それがカメラロールに新規フォルダ(アルバム)の作成×2つ。

ちなみにどういう事かというと、スマホにはたくさん写真保存されてますよね?

え?私は10枚しか保存されていない?そんなバカなw

大抵の方が、過去の写真を探すのに時間がかかるくらい保存されているはず。

カメラロールからいちいち探しては加工してを繰り返すと、かなり作業効率が悪くなります。

そんな効率を格段に早くするための作業がフォルダ(アルバム)作成。

ではなぜ2つつくるかというと、それは素材を入れていくアルバムと、加工処理をしたPNG画像を保管していくアルバム。

ただでさえ似たような画像が増えてこんがらがるので、整理しておくためのアルバムを2つ事前に作っておこう!

アルバム作成は簡単。

・カメラロール左上の[+]をタップ。

・すると「新規アルバム」と表示されるので、同じ手順で素材用と加工後のアルバムを2つつくりましょう。

ちなみに僕はこんな感じ。

シンプルに「素材」と「加工後」だけでもいいかもしれませんね!

作業1 素材に使用する画像を選ぼう!

では次に行うのが、実際に使用する素材画像の選定です。

う〜、迷いそうだ〜

ただここで注意しておきたい事があります。

スタンプの個数はあらかじめ決まっており、「8」の倍数で最大40個までになります。

スタンプの個数・・・8、16、24、32、40個のいずれかにする必要

なので手っ取り早くつくりたい方は8個でもいいですし、たくさんつくりたい方は40個作ってもOKです。

ちなみに僕は32個。40個つくる気満々でしたが、途中心が折れて32個にしましたw
40個っていったよね・・ゴゴゴ…

なのでまずは素材にしたい画像の選定作業からです。

・先ほどつくった新規アルバムを開き、右上の「編集」→「追加」をタップし、素材にしたい画像を選びましょう。

素材にする画像を選び終わったら、いよいよ画像を加工していく作業になります!(Let’s try!!)