はじめてりんご郎ブログを読む方はこちらから  >

いい父親像とはなにか考えてみた話

大脇家




こんにちは!柴犬りんご郎ブログを書いている大脇(@ringoro119)です*

今日でりんご郎が大脇家にやってきて462日目、そして産まれてから513日目です。

当ブログの登場人物とプロフィール、これまでの簡単なあらすじはこちら!⇩

柴犬りんご郎ブログの登場人物とプロフィール
当ブログは2018年1月19日生まれ、柴犬りんご郎の成長や日常を書いたブログとなっております。 おかげさまで今では月間40〜50万PVを突破する事ができ、たくさんの方に成長を見守って頂け嬉しい限りです* こちらではブログに登場す...

 

ブログの更新情報はツイッターとフェイスブックで行ってます*

お気軽にフォロー・いいねしてください♩


 

 

昨日は父の日。

 

今年は一匹と一児の父となった僕へ、おきみさんがショートケーキを用意してくれていました。

 

と、それを狙いにやってきたりんご郎。

 

ごめんよ。これはパパのなんだ。。

 

なんだかんだ父の日に自分が何かを「してもらう」といった事ははじめてだったので不思議な感じ。

 

そういや俺も父親だもんな〜と思いながらケーキを食べておりましたw

 

 

そしてケーキを食べてからはリビングでそのまま寝てしまい、ふと起きると朝の3時半。

 

新聞配達のバイクの音で目が覚めるとかいつ以来だろう。

 

そんな僕をじーっと見つめるりんご郎

 

そこからは急いでお風呂に入りまた寝ようとしたものの、今度は急に目が覚めてしまい寝れなくなるという悪循環。

 

一人暮らしの時はこんな生活もしょっちゅうでしたが、父親がこんな生活してちゃダメっすね^^;

 

風呂入ってから寝ないと結局疲れもとれないですし。

 

 

そして・・

 

結局寝れなくなったので明日のブログでも書くか・・

という事で、今日こちらのブログを書いている流れになります(笑)

 

いい父親像ってなんだろう

 

最近ふと考えるのが、「いい父親ってなんだろう」という事なんですが、考えても結局答えが出ずに終わってしまいます。

 

周りからはいい父親だね〜なんて言われても、自分の中では言われるほど対してやってないと思ってしまう事がほとんどでして。(そこは喜んでおけ)

 

 

昔でしたら「男は黙って働くもの」という認識があり、家庭は妻にまかせて夫は稼ぐという考えをする方が多かったと思います(偏見?w)

 

でも今は夫と妻が家事と仕事を両立する家庭が多くなり、夫はお金だけ稼げばいいなんて考えではなくなってきたのかな?と。
(よくある「誰のおかげで飯食えてると思ってるだ!」的な。今そんな事言ったら炎上するやつ。)

 

もちろんお金がなきゃ生活はできませんし、経済的にも心の余裕もなくなってしまうので、なんだかんだ「お金」というキーワードは生活のど真ん中にありますがね^^;

 

 

でも一番成長めまぐるしい時期を仕事で家にいなく見れないというのはなんとももったいない話で。

 

りんご郎はそろそろ成犬になりますが、生後半年くらいの間は成長する姿がほんと早くて。

 

あれ、耳が昨日は垂れてたのに今日は立ちそう・・!だったり

なんかまた大きくなった?!だったり

マズル昨日より伸びてない?だったりw

 

 

そういった一つ一つの成長する瞬間は今でも大事な思い出として残っています。

 

 

そしてこれからあっという間に成長していく娘の姿も、たくさん見ていきたいな〜とも思っています。

 

今しかないこの瞬間を、仕事で家にいなく見れないというのはなんとももったいない話なので。

 

なにより父親の存在を早く覚えてほしいという思いもありますし(笑)

 

娘がママにはなついてパパには拒絶!なんてされたらショックで寝込むだろうな〜(リアルw)

 

大丈夫。そうなったらぼくが側にいてあげるさ

 

 

なので自分が思い描く「理想の父親像」としては、、

なるべく子供達と一緒にいる時間をたくさん過ごす事や、かつみんなが不自由ない生活を送らせてあげる事、かなぁ。

そして一番大事なのが、相手を思いやれる優しい人に育てられる家庭を築いていく事。

 

 

ただそんな理想論を言っていても、来未さんが中学生くらいになったら拒絶される時期がやってくるんでしょうか(爆)

 

臭い!私に近寄らないで

私の前にお風呂入らないで

パパが行くなら私行かない

 

 

はぁ・・なんとも言えないネガティブな未来が頭をよぎる・・(爆)

 

 

 

そしてそんなブログを書いていたら時刻がちょうど5時になってしまいました。

 

という事で私は寝ます。それではまた*

 

コメント