ドッグカメラのファーボに新型が登場!旧型との違いをまとめてみた!

こんにちは!ブログを書いているりんご郎パパ(@ringoro119)です。

今日はりんご郎が産まれてから1708日目。

当ブログの登場人物とプロフィール、これまでの簡単なあらすじはこちら!⇩


我が家はドッグカメラのファーボを使っているのですが、先日新型がついに登場。

まず大きな違いは360度ビューになり、広範囲を見渡せる仕様に。

今まで(旧型)はカメラ固定でしたが、新型では広範囲をチェックできます^_^

そのためカメラをのぞいて「りんご郎がいない…?」なんて状況でも・・

発見!w

こんな感じで室内フリーで過ごすワンちゃんがいるお家には嬉しい機能ですね!

留守番中も窓から外を眺めてるんだな〜と新しい発見が^_^

こんなシーンも発見…

目次

新型と旧型の違い

ファーボ

使ってみて実際に感じた新型ファーボの主な違いはこちら。

  • 固定カメラ→360度ビューになった
  • 暗視カメラの画質がかなり良くなった
  • ライブビュー(自動追尾)機能が追加

まず360度ビューになったのは先ほどの通りで、暗視カメラの画質が格段に良くなっています。

比べてみると上記の通りで、次世代暗視モニターで暗闇でもこの画質の良さ!(2つ並べて同じ条件で比較)

そのため暗い時間帯にチェックするのが多い方は嬉しい機能に。

またライブビュー(自動)追尾では、ワンちゃんの動きにあわせてカメラが追いかける機能が追加。(画質を上げるとカクカクしがち)

今までできたおやつ飛ばしや会話機能はそのままです

今までファーボというとおやつを飛ばせる機能が有名ですが、今までできた機能は全て引き継いでます。

りんご郎はバルコニーにいるのですが、ここでおやつを発射すると・・

・・・・?!

こんな感じですっ飛んでやってくるりんご郎であります。笑

おやつのパワーは偉大なり…

また会話機能もそのまま使えますので、外出先からスピーカーを通して会話する事もできます。

価格は約3万と高いですが、犬の留守番に特化したカメラですので嬉しい機能は満載ですね^_^

ちなみに価格は旧型¥27,500(税込)から新型¥29,980(税込)と、2,480円アップしています^^;

最後に新型ファーボを使ってる様子はYoutubeにもアップしてますので、気になる方はこちらも見てみてください*

動画はこちらから

新型ファーボはこちらから

りんご郎
このブログの主人公
柴犬のりんご郎(♂)です。2018年1月19日生まれで現在約10kg。三重県に住んでるよ。ちょっぴり小心者で犬より人間が好き。ブログを書いているのはパパ(おたか)です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次